誰かのHAPPYが、私のHAPPYになる。

お住まい相談員ってどんな仕事

お住まいを探すご相談者と高齢者施設をつなぐ仕事です。
ご相談者の多くは、施設を選ぶのが初めての経験です。圧倒的な情報量の中で、「どこが本当にいいんだろう?」と悩まれる方がたくさんいます。私たちの仕事は、無数の情報をしっかりと整理し、入居される方が求める情報を提示することです。
施設は、費用や設備、スタッフ数などから単純に優劣を判断できるものではありません。
施設のコンセプトや考え方が、入居者のライフスタイルや身体状況に合っているかどうかが何より大事になります。
高齢者をもっとも自分らしい暮らしへと導く、高齢者施設を知り尽くしたプロフェッショナル、それがお住まい相談員なのです。

お住まい相談員イメージ

仕事の流れ

相談を受ける

施設を探すご本人やご家族、CMさん、MSWさんから希望の条件(予算、エリアなど)や身体状況を伺います。

施設を提案する

独自のデータベースやネットワークを活かし、ご相談者の希望に合った施設を探します。

見学案内

ご相談者に施設を複数提案し、それぞれの特徴を説明。施設に連絡して効率よく見学日程を組みます。

入居までサポート

施設へは、ご相談者を車で送迎。実際の施設を見学しながら、検討しやすいように情報を整理して伝えます。

アフターフォロー

施設や病院との手続きをサポートし、ご相談者がスムーズに入居できるようにします。

ご報告

入居後のご相談者の様子を紹介者のCMさんやMSWさんに報告し、次の相談につなげます。

こんな人を求めています

求めるお住まい相談員図式

募集要項

年齢30~50代
性別不問
必要な資格自動車運転免許
職務経験不問

募集店舗一覧

現在お住まい相談員を募集しているのは以下の店舗です。

詳しい雇用条件については各募集店舗にお問い合わせください。